子育て

恐怖体験!キッチンでおきた子供のヒヤリハットから学ぶ安全対策

子供 キッチン 安全対策

だるま

こんにちは!だるまです。

子供は日々成長していていろんなものに興味を持つようになり、触ったり口に入れたりするようになりますよね。

ある日の夜、子供がキッチンの方に歩いて行ったのでバナナでも探しに行ったかな〜?とのんきに考えていたのですが…。

こども

・・・♪

だるま

(ん?なんか静か…もしや…!!)

急いでキッチンへ向かった私の目に飛び込んできたのはこんな光景でした。

子供 キッチン ヒヤリハット

原因は夫が包丁の入っている扉につけた安全ロックのかけ忘れ。

みなさんはこんな経験ありませんか?ヒヤリハットも、事故もないのがいちばんです。

同じような経験をしないためにも、私の行った安全対策を紹介します。

我が家で起きたヒヤリハットは子供は1歳半、好奇心旺盛。
制限し過ぎないように、キッチンにはゲートはつけていませんでした。

100均でも入手可能!すぐにできる安全対策

シンク下の扉や冷蔵庫などキッチンエリアで子供が開けそうなところは、安全ロックをつけるのが一番簡単!

DAISOやセリアなどでも赤ちゃん用品のコーナーで取り扱いがあり、種類やデザインも様々。

先ほどの写真はセリアで購入したもので、シンプルで子供が好きそうな色が入っていないところが良くておすすめです。

だるま

キャラクターが付いているタイプも売ってるけど、逆に子供が気になっちゃうのでシンプルな方がおすすめだよ!

私のように疲れているとロックをかけ忘れることがあるので、そこは要注意!

目立たせたくない場合やロックし忘れが心配の方は、扉の裏につける磁石タイプもあります。

2歳くらいになると知恵もついてきて100均のロック自体を取り外す子もいます。

その場合は磁石タイプのように、ロックしているもの自体が見えない方がより安全です。

だるま

子供が大きくなった後も、地震対策としてそのままつけておくのもおすすめだよ!

包丁はさらにロックのかかるケースに入れる

包丁 ケース 安全対策

実はこの商品は私がヒヤリハットを経験した時、Twitterのフォロワーさんが教えてくれたものでした。

夫に伝えてすぐさま購入!

ロックのかけた扉の中に入れて2重対策をとるもよし、子供の手が届かない位置に出しておくのも良しのグッズです。

商品詳細

・サイズ7×42×7.5H cm
・全長36cmの包丁まで対応。
・抗菌加工。
・裏面に滑り止め付き。
・2つ買ってかさね置き可能。

だるま

古いタイプのキッチンだと、扉の中ギリギリのサイズだったよ。
今主流となっている引き出しタイプなら自由に収納できるから便利!

子供が開けてもいい扉やキッチングッズを用意する

私の友人が実際に行なっている対策も紹介。

子供が危険なところを開けたりするのは、親が普段使っていて興味があるから。

そこでキッチンに1箇所だけ子供が開けてもいい扉を作り、その中に実際使っても良いキッチングッズを入れておくというもの。

キッチングッズもおままごと用のものではなく、大人が使うサイズのものを100均などで揃えて子供用として用意していました。

だるま

ピーラーや包丁など危険なものは避けて、フライ返しやホイッパーなどを揃えていたよ!

扉を開けたがったときは「そこはお母さんの道具が入ってるよ!自分の道具はどこだったかな?」と毎回伝えるというもの。

最初は扉から物を出して親は大変だったみたいだけど、実際扉は開けて道具を出して遊べるから満たされて他の扉は開けなくなったんだって!

だるま

しかも2歳になった今は料理のお手伝いをするときに自分の道具があるから、率先してやるようになったから苦労が報われたって言ってたわ!

開けてもいい扉から道具をたくさん出すので親は片付けなど大変ですが、子供の安全も守りつつ自己肯定感も高まるので実践してみるのも1つの方法です。

我が家も実践してみようと思うので、安全対策や子供の成長する上でプラスになるのか随時追記していきたいと思います!

まとめ

いろんな対策を取っても子供の成長スピードは親が思うより早いので、年齢や子供の状況に合わせた対策を取り続けることが大事です。

もちろん子供から目を離さない事も大切。

今回の記事で少しでも多くの方が安全対策意識を持って、大きな怪我がなく子供が元気にすくすく成長できることを願っています!

だるま

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!