Webライター

主婦がWebライターの仕事で成功するための3つのポイント

 

だるま
だるま
こんにちは!だるまです。

主婦でWebライターの仕事をする方が増えてきましたよね。

実際私もWebライターの仕事もしているのですが、出産してから特に感じた事や気をつけたい事をまとめてみました。

低単価の案件は数回だけにする

実は結構多いです。
低単価の仕事をはじめに受けてからずっと同じ単価の仕事をし続けている人。

確かに初めてWebライターのお仕事をする時は、経験を積むために単価が0.5円でも件数をこなした方がいいと思います。

件数をこなすとコツもつかめてくるし、質も少しずつ上がってくると思います。
経験を積んだら時給換算して、単価を上げていくのが成功の秘訣。

 

だるま
だるま
自分を安売りしすぎないように、注意した方がいいよ!

 

もし”まだ不安だから”という理由であれば『同じ単価で別のクライアントの仕事を受ける』のがおすすめ。

理由としては、クライアントによって納品方法が異なるから。

  • googleドキュメント
  • WordPress
  • 独自の入力ツール

 

他にもありますが、どんなツールでもライティングできるのは強みになります。
低単価で経験を積みたいなら複数応募してライティングスキルを上げるのがおすすめです。

納品期日が厳しいものや必須の納品件数が多いものを複数応募すると大変なので、事前に確認しましょう。

 

悪質なクライアントに引っかからないようにする

主婦が特に狙われやすい『悪質クライアント』の案件。

悪質なクライアントの特徴

  • テスト記事を書かせて不合格にし、記事だけ持っていかれる。
  • 1文字0.5円以下など超低単価で仕事をさせる。
  • 商品レビュー記事を書くため購入させて音信不通になる。
  • 個人情報を無闇に聞き出そうとする。

上記は友人の話を聞いたり、実際に見かけた悪質なクライアントで多かった内容です。

 

だるま
だるま
こういう悪質なクライアントに限って『主婦でも稼げます!主婦歓迎!』って書いているところが多いよ…!

 

見分ける方法ももちろんあります!

  • 評価が極端に少ない。
  • 発注率が少ない。
  • 実際に契約する前に個人情報を聞いてくる。
  • 未経験者歓迎!なのにすごい高単価。

この4点は結構危険です。

評価や発注率が低い場合はアカウントをすぐに変えている

悪質なアカウントは通報されると、アカウントを削除しまた作り直します。
そのため発注率が少ないのが特徴。

同じように評価が少なかったり、低かったりする場合もアカウントを作り直している可能性が高いのでやめておくのが無難です。

個人情報を聞いてくる

契約時にLINEでやりとりが必要と言われたり、個人情報の入力が必要と言われる場合は避けた方がいいです。

高額商材を売りつけられる場合や、セミナーの勧誘をしてくるという被害も実際にあります。

未経験者歓迎!で高単価

未経験者でも高収入と書かれたクライアントはよくみます。
その場合テストで10記事前後納品(そもそも多いのも怪しい)と書かれているケースがあります。

テストは単価が低いですが、受かれば高単価だ!と思って挑戦すると痛い目に合います…

実際はテストで納品するも不合格、収入は支払われず記事だけ持っていかれて実際には掲載されているということがよくあります。

沢山のクライアントや案件をチェックして、単価の相場を頭に入れておくとよいでしょう。



家族との時間を大事にする

家族の暮らしがより良くなるためにWebライターを始める方も多いですよね。
でもライティングに時間をかけすぎて、子供が家にいたり起きている時間にまで仕事をしてしまうと本末転倒です。

Webライターの仕事のメリットは『好きな時間にできる』ということ。

一気に書かなくても、朝早い時間や子供が寝た後など時間を分割して書くことが可能です。
まとめて作業したくなる気持ちもわかりますが、子供が寂しい思いをするよりは絶対に良いです。

だるま
だるま
経験を積んでスラスラ書けるようになると、1時間で1記事納品したりできるようになるよ!

 

まとめ

主婦がWebライターの仕事で成功するためには、家族や自分の時間とのバランスを保ちながら悪質なクライアントに気をつけるのが大事です。

隙間時間を使って自宅で上手にお仕事ができれば最高ですよね!

最初は不慣れで時間がかかったり大変だと思います。でも経験することで得られることも沢山あるので頑張りましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA