おうち学習

01 ミライコ

Webライター

未経験の主婦でも大丈夫!Webライターの始め方やメリットを紹介

パソコンで文字入力する女性
uchihoku

以前は派遣のお仕事などをしていたのですが、引っ越し後に結婚をした事をきっかけにWebライターを始めました。

私が実際Webライターを始めた時の状況や始めた時に思った事を紹介します。

Webライターをこれから始めたい人の参考になれば嬉しいです

スポンサーリンク

なぜWebライターを選んだのか

私がWebライターの仕事をしようとしたきっかけは、引っ越しや結婚したことがきっかけです。

引っ越した先が通勤するには時間がかかる場所であることや、扶養内で働く事を考えていた事。

引っ越し前の土地と違い同じ仕事内容でもかなり時給が低かった事で、今までとは違う仕事をしてみようという視野がうまれました。

当時の環境
  • 市街地までの通勤手段(バスの本数など)が少なく、通勤に時間がかかる
  • 求人自体は多いが時給の低い仕事(交通費なし)などが多く決めきれなかった
  • 今後妊娠することも考えていたため、今後も役立つ仕事を探していた

そこで色々調べたところ、在宅で仕事ができるWebライターの仕事に興味を持ち始めました。

だるま
だるま

夫が仕事に行っている間の時間を有効に使って仕事ができるかも!

とりあえずクラウドソーシングのサイトに登録する

当時はWebライターの仕事といってもどうしたら良いのかわからず、ネットで検索。

知らないサイトは怪しいし不安があったので、耳にすることがあった【クラウドワークス】に登録してみました。

プロフィールなどを細かく設定し登録完了までは進んだものの、どうしたら良いのか未経験の私は手が止まってしまいました…。

だるま
だるま

というかWebライターの仕事だけじゃなく、色んな仕事があるということに登録してから気づくという無知を発揮してたんだよね…。

とりあえずすぐにできそうな事をやってみようと、ライター以外でデータ入力などを行うタスク形式のお仕事をやってみることに!

タスク形式は、クライアントの依頼内容に対して、ワーカーの選定や交渉をすることなく、クラウドワークス上で作業を行ってもらい納品を行う形式です。
簡単な作業やアンケートなど単純作業の大量発注に向いています。
集まった作業内容を承認することで、報酬が支払われます。

クラウドワークスの他にも【ランサーズ】も後に登録してみましたが、おすすめです!

タスク形式の仕事をしてみた感想

こんなに時間がかかって、この金額だとさすがにキツすぎる……。

これが正直な感想でした。

タスク形式の仕事は依頼者が選定することなくすぐに始められます。

確実に仕事として取り掛かることができる一方、単価が低いものも多いので私のように初心者にとっては時給換算すると最低賃金を大幅に下回るキツイものが多かったです。

初心者歓迎!のWebライター募集に応募

事前に勉強してから始めるべきなのかもしれませんが、なんでも挑戦してみて学ぼうという感覚の私は【初心者歓迎!大量募集!】と書かれた募集に応募したことでかなり良い方向にいきました。

内容はエンタメ情報などのまとめ記事を書くというもので、元々テレビっ子の私には合うかも!と思い挑戦。

募集内容
  • エンタメ情報のまとめ記事の納品
  • 1500文字〜3000文字程度で1記事
  • 1記事の単価は1000円

こんな感じだったと思います。

今思えば初心者で未経験にしては、文字単価よかったのかなと思います。

始めてWebライターの仕事をした感想

正直1記事書いて納品した時思ったのは「楽しい!」でした。

そう思えたのは納品した記事が私の好きなエンタメ情報の内容、というのが一番大きいかもしれません。

あとはタイピングのスピードが元々早かったので、調べた情報からまとめて入力するときは時間がそれほどかからなかったため疲労感が少なかったです。

どのような記事をまとめるのか調べる時間も楽しかったですし、情報をまとめて自分が詳しくなれたのも嬉しかったポイント。

何度か訂正や修正をかけるよう戻されたりしたので時間はかかりましたが、続けたいと思えるお仕事でした。

Webライター初心者は自分の好きな分野を活かせる内容を選ぶことが重要。

時間がかかっても単価が少し低くても、まずは経験を積んで実績を作りましょう。

初めての報酬は?

楽しいとはいえ未経験の私は修正依頼が何度もあったので、初月の報酬は2万円ほどでした。

バイトなどと違い自分の頑張り次第で収入が増えるため、逆を言えばもちろん納品が少なければ収入はかなり低くなります。

夫

最初から本業にして生計を立てるというのは難しいよね。

だるま
だるま

私の場合は専業主婦も考えていたけど、少しでも家計の足しにと思って始めたからまだよかったのかも。

最初は副業やお小遣い稼ぎ程度と考えて始めるのがいいと思います。

月10万円以上を確実に稼ぎたい!と思って始める場合は事前にライターのお仕事を勉強したり、1日の中でもかなり時間を割いて努力することが必要となります。

だるま
だるま

給与所得ではないので扶養内で働きたい人は、今後収入が増えてきたとき注意が必要だよ!

Webライターを始めてよかったこと

これは経験してみて思ったことですが【検索能力が格段と上がった】事がかなりメリットでした。

現在出産して子育て真っ最中なのですが、妊娠中や育児に関して調べたいときにどのように検索すると自分の欲しい情報が得られるのかコツがわかっていたのは気持ち的にも余裕がうまれました。

他にもよかったと感じることは多くありす。

  • 空いている時間に仕事ができる(早朝・夜など時間を分けて仕事も可能)
  • 自分のブログを始めるなど新たな事にチャレンジしたくなった
  • 経験を積んで単価の高い仕事ができれば給与所得よりも時給換算で高くなる
  • いろんな事に興味を持つようになった

些細なことではありますが、いろんな事にアンテナをはって情報をキャッチするようになると毎日の活力になりますし田舎の生活でもストレスが少なくなりました。

実際、自身のブログを始めて情報を発信している事も楽しいと思って続けられています。

まとめ

Webライターとして最初から大きな収入を得るのは、正直難しいと思います。

経験や実績を積む事で高単価の仕事ができるようになったり、1記事仕上げるまでの時間が短くなる事で時給換算すると給料所得よりよくなる場合があります。

住んでいる地域などによっては自宅で仕事ができる事がとてもメリットになりますし、ぜひまずはチャレンジしてみるのがおすすめです!

スポンサーリンク
ABOUT ME
だるま
年齢:30代
家族:夫と2歳児の3人家族
職業:子育て、ライター
住んでる場所:北海道
好きなもの:ディズニー、新しいグッズ
記事URLをコピーしました