おうち学習

01 ミライコ

北海道旅行

【宿泊者以外立入禁止】絵本のような世界観!スプウン谷のザワザワ村宿泊レポート

uchihoku

北海道・美瑛町にあるお宿、スプウン谷のザワザワ村が話題になっているのはご存知ですか?

景色・夕食・朝食・お部屋全てが非日常を感じることのできる場所なんです。

自然の音を感じながらリラックスのできる場所で、ゆっくりと家族の時間を過ごすことができました。

人気で予約困難といわれるザワザワ村に宿泊することができたので、その時のレポを紹介します。

だるま
だるま

子供が0歳の時に宿泊したよ!同じ年齢の子供がいる方の参考になると嬉しいです。

スポンサーリンク

宿泊者以外は見ることのできない世界

美瑛 スプウン谷のザワザワ村 全貌

スプウン谷のザワザワ村は1日5組限定、一棟貸のお宿となっています。

ザワザワ村は私有地のため宿泊者以外は立ち入り禁止

少し丘になったところを越えないとこの景色が見えないので、本当に絵本の世界に入り込んだような気持ちになります。

ヨーロッパにいるような乙女心くすぐる外観

スプウン谷のザワザワ村外観
だるま
だるま

すごく可愛い!!

異国の雰囲気を感じる淡い色合いの外観。

さらに可愛いのがレセプション。

真っ赤な扉が目印で、インスタ映え間違いなしでした!

郵便受けも可愛い小さなお家になっていて、いちいちザワザワしちゃう可愛らしさです。

スプウン谷のザワザワ村にあるレセプション
夫

子供が歩ける月齢だったら、まさに絵本の世界に迷い込んだような写真が撮れそうだったな〜。

こだわりがいっぱい詰まった内装

スプウン谷のザワザワ村客室

事前に選べませんが、コテージによって間取りが異なります。

私が泊まった2番のコテージは1階にお風呂・洗面台・ダイニング・読書スペース、2階にはサンルームとベッドルームのある間取りでした。

ベッドはローベッドなので小さなお子様がいても安心。

階段は少し注意が必要なくらいでした。

ベッドをくっつければ広く寝ることができるので、家族みんなで川の字になってゴロゴロできるのも最高です!

4名で泊まる場合2番のコテージのベッドは、向かい合わせになる感じでした。

他のコテージでは区切られているような作りもあるので、何度も泊まってみたくなります。

スプウン谷のザワザワ村客室2階

写真の反対側にはサンルームがあり、床がタイル張りなので冬は結構冷たいので注意。

朝日を浴びながらコーヒーを飲んだり、夜綺麗な星空を見ながらハンモックでゆっくりできる最高なスペースでした。

夫

朝子供が起きるまでコーヒー飲みながらハンモックに揺られて、最高に贅沢だったな〜!

スプウン谷のザワザワ村の客室サンルーム

夕食・朝食

スプウン谷のザワザワ村の晩御飯

朝食は宿泊料に含まれていますが、夕食は別料金

食べて感じたのは、別料金を払っても必ず夕食をつけることをお勧めします。

季節によってメニューも変わり、チェックイン時にメニュー表の中から選ぶことができます。

夕食の時間が18:00スタートと決められているのですが、コテージまで届けてくれるのでゆっくり味わいながら安心して食事をすることが可能。

味付けも素材の味をいかしている優しい味付けで、北海道の美味しい小麦や野菜、お肉を堪能できます。

スプウン谷のザワザワ村 晩御飯

朝食はバスケットに入れて届けられるので、暖かい時期はコテージの外にあるテラスで食べるとより非日常感を感じられます。

スプウン谷のザワザワ村の朝食
だるま
だるま

思い出したらまた食べたくなるほど美味しかったよ!

予約は電話受付のみなので争奪戦

5棟のちいさな村のため予約は電話のみです。

3ヶ月前から予約開始で夏のハイシーズンはかなり予約が取りづらく、冬でも土曜日は埋まったりしているのでなかなか大変です。

私は運良く行きたい日のキャンセルが出たタイミングで、予約を取ることができました。

希望日に予約が取れなくてもこまめにホームページをチェックしておく事をおすすめします。

時期によって虫や寒さには注意

私が泊まった冬はとても寒かったです。

特に窓の多いお風呂場は、事前に暖房の熱を送り込んでおかないとなかなか大変でした。

逆に夏は虫が多いので苦手な方は注意が必要かもしれません。

お部屋に入ると書かれた「お願い」には虫もザワザワ村の一部ですと書かれています。

私たちよりもずっと長く村に住んでいるので仲良く付き合うことが大事ですね!

ザワザワ村へのアクセス方法

スプウン谷のザワザワ村は、宿泊者しか立ち入りを許されていません

宿泊地へ進む道も私道となります。

写真だけを撮りに行く行為ということは一切できませんのでご注意ください。