子育て

1歳の子連れ旅行の食事はどうする?家族旅行を楽しみたい!

1歳児と旅行食事はどうする?

だるま

こんにちは!だるまです。

1歳の子供と一緒に家族旅行を計画中の方、持ち物や食べ物などどうしたら良いか不安になりますよね。

今回私たち家族が5泊6日で経験した【1歳児との家族旅行】での食事についてまとめました!

この記事では

・1歳児との旅行での食事はどうしたら良いのか
・プラスで持参した方がいいもの
・旅行中の食事で役立つグッズ

を紹介します!

離乳食から幼児食へ移行中の何かと難しい時期、旅行中の不安が少しでも解消されると嬉しいです。

1歳児との旅行では最低2日分のベビーフードを持参

1歳児との旅行、ベビーフード

少し長めの旅行の時、足りない分は現地調達でも十分でした。

移動などで現地調達が難しかったり、ホテルによっては子供が食べられるものがあったりとその時によって状況が変化します。

荷物になりすぎないように2日分の離乳食は持参するのがベターでした。

JRや車の中で食べる場合は、スプーン付きのものの方が洗い物も減らせるので便利です!

「ウェルカムベビーのお宿」に泊まるのもおすすめ

離乳食はかさばる上に意外と重量があります。1日3食で2日分といえどやっぱり少しでも荷物を減らしたいところです。

そんな時は「ウェルカムベビーのお宿」に泊まるのがおすすめ!

ウェルカムベビーのお宿は子ども連れでも安心して宿泊できるホテルや旅館の事で、料理や設備、客室の備品なども子供が安心して過ごせるように工夫されているプランが多く用意されています。

以前泊まったホテルではバイキングにキッズコーナーが作られていておにぎりやフルーツ、ヨーグルトなどが用意されていたのでベビーフードを使わず、荷物を減らすことができました!

だるま

プランによってはおむつや粉ミルクをもらえるホテルもあったよ♪

プランやホテルによって異なるため、事前に確認することをおすすめします。

1歳児との旅行はふりかけなども結構役立つ

1歳児との旅行で持ち歩くのにおすすめなふりかけ

旅行中意外と役立ったのがふりかけ!

ホテルでご飯を用意していただけたところが多かったので、ふりかけをかけるだけで喜んで食べてくれました。

1泊2日など短期間の旅行であれば小分けのものがさらに便利。

普段食べているものであれば子供も安心ですし、色んな味を持っていけば飽きることなく食べてくれます。

だるま

近くにドラックストアがあるなら、ホテルのご飯を確認してから現地で買ってもいいかも!

我が家ではお気に入りのふりかけを持参してかなり助かったよ!

ドキッとくまもと丸かじりハピベジ
¥450 (2022/05/22 01:25時点 | 楽天市場調べ)
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

移動中のおやつに便利なフリーズドライのヨーグルト

1歳児との旅行でおすすめなおやつ

JRや車など移動中にぐずったり、おやつの時間に役立ったのがフリーズドライのヨーグルトでした。

タンパク質やカルシウムなど栄養を取ることもできますし、手が汚れずボロボロこぼれないのもおすすめポイント。

我が家ではフリーズドライのヨーグルトの他にもちょっと値段は高めですが、フリーズドライのいちごも買ってみたところ子供は大喜びでした!

\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ミライフルーツ
¥491 (2022/05/21 13:52時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

旅行で役立つ食事グッズ

食べ物だけではなく実際に1歳児との旅行で役立ったグッズもあわせて紹介。

電子レンジ消毒ができるペットボトルストロー

紙パックの飲料もいいのですが、ペットボトルでお水を飲んだりする時に便利だったのがこのペットボトルストローでした。

旅行中ストローマグを持参することも考えたのですが、洗い物が大変だったため電子レンジ消毒もできるこちらを持参。

洗い物ができないけど消毒だけでも!と思った時にケースに水を入れて電子レンジでチンするだけで消毒ができるのでちょっと安心できました。

使い捨てエプロン

コストはかかりますが、食事のたびに洗ったりしなくて良いので大助かりでした!

ドラッグストアや赤ちゃん用品の取り扱い店ではよく見かけるので、離乳食の買い足しついでに追加分を現地調達できるのもいいですよね!

肩ベルト付きチェアベルト

旅行先でも食事用にベビーチェアを貸してくれるところも多いですが、大人用の椅子しかないところも。

ベビーチェアから脱走しちゃうという問題もあるため、活躍するのが”肩ひも付き”チェアベルトです。

肩ひも付きだと立ち上がることもできないので、食事中に脱走するという悩みも解決!

食事中飽きちゃって立ったりすることも防げるので、大人も安心してご飯を食べることができます。

まとめ

1歳の子供は歩く子やハイハイなど行動も様々ですし、離乳食の進み具合も本当に様々です。

旅先で突然ベビーフードを嫌がったり、違う環境に戸惑う子も多いです。

最低限だけ持って行って、現地調達でも十分でした!

沢山準備して気負いしすぎると、当日うまくいかない時にストレスにもなるので無理せず家族旅行を楽しむのが一番。

今回の記事を参考に、楽しく旅行ができることを願っています。

だるま

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

1歳児の子連れ旅行、2泊3日の持ち物公開【チェックリスト付】子連れ旅行は荷物が膨大!少しでも荷物を減らしたいけどどうしたらいいか困りませんか?私が実際2泊3日で使用した荷物を公開!持ち物チェックリストもあります!...

この記事で紹介した商品

ドキッとくまもと丸かじりハピベジ
¥450 (2022/05/22 01:25時点 | 楽天市場調べ)
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ミライフルーツ
¥491 (2022/05/21 13:52時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ピジョン
¥364 (2022/05/21 22:25時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大10倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
PayPayモール